医療レーザー脱毛の仕組みを知ろう

医療機関での脱毛は、効果が高いことで知られています。医療レーザー脱毛を検討しているのであれば、仕組みを理解しておくと良いでしょう。医療レーザーは、メラニン色素などの黒い色に反応する波長を持っています。照射をしたレーザーの光は、皮膚の表面には全くダメージを与えることなく、ダイレクトにメラニン色素を直撃します。

毛根にあるメラニンに吸収されてから、今度は熱に変換されていきます。毛根や毛乳頭は、ムダ毛を成長させるため大元です。これらを反感した熱により、周辺の毛の成長のもととなる組織ごと破壊するのです。一度破壊してしまった組織は、元に戻ることはありません。

そのため、一度破壊されたら、ムダ毛も再生はしないということになります。医療レーザーを照射するときには、まるで輪ゴムではじかれたような、パチンとした衝撃があります。これが毛質が太く濃いものだと、痛みを強く感じることもあります。エステ脱毛を経験した人であれば、医療レーザーの照射は、刺激が強いと感じることも、あるかもしれません。

医療レーザー脱毛を行う前には、ムダ毛の自己処理を行います。クリニックによっては、有料で処理してくれることもあります。毛周期の、成長期にあたる時期に、医療機関へ通って、数回の施術を受けることになります。1回目では変化がわかりにくいかもしれませんが、医療レーザー脱毛を2回目、3回目と回数を重ねるうちに、毛量の減りを実感できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です