レンタル利用率の高いAEDを紹介
2021年9月30日

表参道の内科について

日本のファッションをリードする表参道のトレンドがありますが、現在ではサラリーマンやOLの中でも話題になっているのが医療施設のシステムが充実していることにあります。特に、内科に関しては、お腹の具合が悪くなったり風邪をひいたりしたらすぐにたずねるので、患者数が多くなる傾向にあります。こうした中で、表参道では立地条件も良く、人の出入りも多いことから患者の数も他の地域に比べて多くなる傾向があります。更に内科をおとずれる働いている人たちにとっては、時間がないため、診察までの待ち時間に関しては病院の評価におおきく影響してきます。

病院を経営する立場の人間にとってはこうした待ち時間を解消するために、様々な医療システムを導入し、診察までの待ち時間をストレスのできるだけかからないように工夫する取り組みが実施されてきました。表参道には内科を受持つ病院がたくさんあることから、競争も激しくなり、他の病院との差別化を図るために様々なサービスを導入しています。特に患者の予約システムにおいては待ち時間が最短になるように、先生の診察時間の傾向と、予約時の患者の症状からどの程度の時間がかかるのかを計算しより最適な空き情報を提供しています。これまでアバウトだった時間管理についても改善の傾向がみられるようになり、日本の政策にあがっている働き方革新への布石も打たれるようになってきました。

表参道の内科で導入したシステムをモデルとして、全国にも展開するようになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です