レンタル利用率の高いAEDを紹介
2021年11月6日

皮膚科とアレルギー性皮膚炎と敏感肌

皮膚科では刺激にも弱い、敏感肌を改善するための治療も相談できます。また皮膚科では、アレルギー性皮膚炎も、当然ながら治療ができます。どちらの皮膚科で治療ができますが、2つの違いとは何なのでしょう。どこか似ていると、感じるかもしれません。

肌の表面に赤みが出たり、かゆみを感じたり、外部よりの刺激には弱いなど、アレルギー皮膚炎と敏感肌には、どこか共通する症状が多いためです。肌に激しく乾燥を感じたり、敏感さを感じていたら、それはアレルギー皮膚炎であったというケースは、実は少なくありません。乾燥しがちな肌であるとか、敏感過ぎる肌を実感しているならば、皮膚科で診察をしてもらうのが安心です。見分けがつきにくいだけに、正しい対処をしてあげないと、肌の調子はよくはなりません。

健康的な皮膚を取り戻すためにも、医療機関は味方になってくれます。敏感肌とアレルギー性皮膚炎は、似たようなところがありますが違います。皮膚のバリア機能が低下しているのが、敏感肌のタイプです。皮膚のバリア機能も低下している上に、さらにアレルギー反応もしっかり出てしまうのが、アトピー性皮膚炎です。

そして敏感肌の場合は、敏感差を感じるのは、主に顔のパーツの肌です。これに対してアトピー性皮膚園は、出てくる範囲が広いです。顔の肌のみではなく、上半身にかけて出てきやすいです。まずは皮膚科へ行って、自分の肌に感じている症状はどちらなのかを診察してもらうことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です