レンタル利用率の高いAEDを紹介
2021年11月9日

皮膚科と抗アレルギー薬の服用

皮膚科アトピー性皮膚炎は皮膚科での治療で、改善へと向かわせることができます。これは慢性的に湿疹を、何回もくり返してしまう肌の疾患であり、体質的なことも関連しています。親とか家系的に皮膚が弱い人が多いと、子供や家族も同じように、アトピー性皮膚炎になりやすいので、遺伝という面は否定できません。しかし理由は遺伝ばかりではなく、皮膚のバリア機能が低下していると、肌の疾患は起こりやすくなります。

フィラグリン遺伝子による異常は、アトピー性皮膚炎の人の20%から50%とも言われています。遺伝子異常により、アトピー性皮膚炎を引き起こしやすくもなります。気管支ぜんそくといった、異なるアレルギー疾患も関係しています。肌のバリア機能が低下している、皮膚の状態はとどうなるのでしょうか。

バリア機能が低下することによって、外部からのさまざまな刺激に対して、とても敏感になります。外気の乾燥や汗、ハウスダストやダニ、洋服の摩擦等、些細なことに刺激を受けます。状態は弱いですから、かゆみも感じやすくなりますし、湿疹も出てきやすくなります。皮膚科では、内服治療も行っています。

皮膚科で主に処方される内服薬は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤です。抗アレルギー薬を服用することにより、刺激物質で起こるアレルギーの症状を抑えることになります。アレルギーが既に出ていて肌にかゆみがあっても、医薬品を服用することで、かゆみも軽くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です