レンタル利用率の高いAEDを紹介
2021年11月12日

皮膚科と炎症を抑える抗炎症作用

皮膚科では症状に応じて、ステロイド外用薬を処方されることがあります。炎症を抑える抗炎症作用の強めの外用薬ですから、皮膚科ではよく説明を聞いて理解し、ただ食使うことが大切です。皮脂欠乏症が悪化した皮脂欠乏性湿疹や、アトピー性皮膚炎やなど、炎症のある状態だと、処方されることがあります。アトピー性皮膚炎は、乾燥などが原因となっている場合です。

ただイメージ的に、ステロイド外用薬は、強い副作用が気になるところでしょう。確かに強烈な副作用も持ちますが、それも使い方次第です。アトピー性皮膚炎を抑えるためには、特効薬的な働きをしてくれるのが、ステロイド外用薬です。皮膚科で保険適用で可能な処方であり、炎症への効果も高いものですから、治療をするにも期間は短くて済みます。

症状のレベルにもよりますが、皮脂欠乏性湿疹やアトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド外用薬を使うのが選択肢の一つになります。非ステロイド外用薬もあります。ですが効果が出てくるまでには時間がかかりますし、意外と治療費が高くなることもあります。治療期間も、割と長めになります。

効率的な治療方法として、現代ではステロイド外用薬は利用されています。炎症レベルに適切なステロイド外用薬を、いまでは数値で判断してできるようになっています。血液検査のTARCが登場したためです。治療初期にはステロイド外用薬を使用しますが、それは集中して短期間に使います。

それにより、痒みと炎症を抑えて、弱くなった皮膚のバリア機能を回復させていきます。皮膚のバリア機能が回復したら、ステロイドはストップして、皮膚科で処方される保湿剤での治療に移行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です