レンタル利用率の高いAEDを紹介
2021年12月9日

治験mのメリットとデメリットを知ること

治験をする場合、メリットとデメリットをよく理解した上で行うことが大切です。メリットはまず報酬が多いということです。数日入院しながら臨床試験を行うだけで、10万円以上の報酬となることが少なくありません。入院中は薬を服用しながら様々な検査を受けなければなりませんが、それ以外は自由に時間を使うことができます。

次に、自分の健康管理ができるということです。これは意外に思うかもしれませんが、採血や採尿などの検査を行うので、自分でも気が付かなかった病気が発見されたり、また自分自身の健康について考えるきっかけになることも多いようです。さらに、社会貢献ができるという点も見逃せません。新薬が開発されることで、様々な病気で苦しんでいる人を助ける一助となります。

では、治験のデメリットとは何でしょうか。まず様々な制約や拘束があることです。飲食や嗜好品が制限されたり、入院期間中の時間的な拘束などもあります。全く自由がないわけではありませんが、決められたルールの中で治験を行わなければなりません。

また副作用の心配もあるでしょう。基本的には非臨床試験の段階で安全性はかなり確かめられていますが、100%というわけではありません。ただ死亡事故に至るような心配はほとんどありません。調子が悪くなったら、すぐに医師の診断を受けることができます。

このように治験をすることによってメリットとデメリットの両方があります。それらをきちんと理解し、その上で行うかどうか決める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です