レンタル利用率の高いAEDを紹介
2022年1月9日

墨田区の内視鏡医院

墨田区にいくつかの内視鏡ができる病院あるいは医院があります。内視鏡といってもいろいろな部分の検査があります。例えば胃の内視鏡では10年前の医療では大学病院でも口から光スコープを入れるので吐き気がしたものですが、今は進んでいる病院あるいは医院では、鼻からカメラを入れますが、口から入れるカメラの先端の太さの4分の1です。鼻の穴は左右で大きさが違いますので必ず大きい方があるのでそちらからカメラを入れていきます。

思い込みをしてはいけないのですが小さい医院で内視鏡検査をするのは不安だと思う人もいるかもしれませんが決めつけるのはいけないです。小さい医院でも専門医というのがいるんです。墨田区の病院あるいは医院でも、できれば、専門医が良いですし胃の検査をするのなら口から入れるカメラより鼻から入れるカメラを検査に使って楽にできるのが望ましいです。口から入れるカメラと比べたら鼻から入れる苦痛は10分の1以下です。

また内視鏡検査は胃だけではありません。大腸カメラもあります。この大腸カメラでも専門医がいますが、検査自体はそんなに苦痛ではないのですが検査するための準備が少し苦痛なんですが、なぜかと言えば大量の下剤を飲まなくてはいけないのです。約2リットルの下剤を2時間くらいかけて飲み腸の中を空にして検査を行いますが、下剤を飲んでから検査しますが検査自体は30分かかりませんしその場でモニターで腸の内部が見えますので結果はすぐわかります。

墨田区の病院、あるいは医院でも東京は都会で進んでいるので胃のカメラでも、大腸のカメラでも専門の医師がいますしいるところを探すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です