レンタル利用率の高いAEDを紹介
2022年2月3日

手外科とはどんな診療科か

手外科という診療科について耳にしたことがあるでしょうか。それほど知名度が高くはない科であるとはいえ、非常に重要な診療科と言うことができるでしょう。手外科とは、その名称が示す通り、手の外科のことです。そこでは、手や指に関連したさまざまな怪我や病気の治療が行なわれています。

例えば、昔から、指が切断されてしまった場合に再接合するマイクロサージャリ―が行なわれてきました。さらに最近の社会における高齢化に伴い、手外科で行なわれる治療にも変化が生じてきました。例えば、加齢によってさまざまな手の疾患を抱える方々が増えてきました。変形性関節症や腱鞘炎、さらには手根管症候群といった疾患に悩む方が多くなっているのです。

そのため、手外科では、これらの疾患に対しても適切な治療が施されるようになっています。では、手外科ではどの部分までの治療が行なわれているのでしょうか。多くの方が意外に感じる点かもしれませんが、手を中心に肘を含め、腕の部分全体を診ています。肩の関節に関しては肩の専門医が治療することになっているため、基本的には肘から先の部分を診ていると言うことができるでしょう。

具体的に、手根管症候群や腱鞘炎の治療に関して言えば、以前の方法では靭帯を切って神経の圧迫を除くというものが主流となっていましたが、最近では内視鏡を使って行なうことが多くなってきました。小さな傷で済み、痛みもかなり少ないというメリットがあると言われています。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です