岐阜で体験できる本格ケイビング

ケイビングは、洞窟探検をアウトドアスポーツとして行う、日本ではまだあまり知られていない大自然に親しむレジャーです。
岩などに引っ掛かりにくいツナギを着用し、ヘルメットやキャップライトなどを身につけて洞窟に入り、場所によってはザイルなどを使って洞窟や地底の奥深くへ進んでいきます。

歩きやすい回廊などが設置されている観光で入れる鍾乳洞と違い、岩や泥の中をほふく前進などで進むため、全身泥まみれになり、場所によっては水に浸かりながら進むなど、文字通りの洞窟探検が味わえます。

北アルプスの飛騨山脈や中央アルプスの木曽山脈に数多くの名山がそびえる岐阜県には、日本で最大規模の美山鍾乳洞をはじめ人々の冒険心をかき立てる洞窟も多く、ケイビングの聖地とも言われています。

岐阜でのケイビングの情報ならこちらにお任せ下さい。

ことに郡上八幡の美山鍾乳洞は、通常の見学ができる一般観光洞のほかに、ケイビングを楽しむための照明が設置されていない洞窟探検専用の鍾乳洞があります。

もちろんケイビング未体験の人がいきなり行って入れるわけではなく、あらかじめツアーへの参加申し込みが必要となります。



岐阜では主に郡上市と関市でケイビングツアーが実施されています。


専用のヘルメットやツナギ、長靴など、必要な装備は借りることができますので、ツナギの下に着る泥で汚れてもいい服装以外、特別な用意をしなくても参加できるようになっています。
真っ暗な洞窟のなかをガイドの案内でライトの明かりのみを頼りに、ほふく前進で狭い穴や岩壁の隙間を通り抜けたり、水のたまった場所などを泥にまみれながら進みます。

岐阜には神秘的な青い地底湖がある人気の洞窟があり、それを目当てに参加する人もいます。
ラフティングも一緒に楽しめるプランも含め、注目度が高まっています。